抱っこ紐:コニー フレックス のレビュー【口コミ】

おすすめのベビー用品

こんにちは、ゆんです!

今回は、抱っこ紐:コニー フレックスのレビュー記事です。

・抱っこ紐のおすすめを知りたい!

・コニー フレックスの使い勝手はどう?

・コニー フレックスの良かった点や不満が知りたい!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

コニー フレックスは、生後2ヶ月頃に家での寝かしつけにサッと使える抱っこ紐がほしいなと購入しました。

結果、産まれる前から購入しておけば良かったと少し後悔しました。

それぐらい、子は寝てくれました!

購入の決め手になったポイント

・サッと装着できる
・丸洗い可能
・セカンド抱っこ紐になる

コニーはサイズ選びが大切ですが、フレックスであれば「XS-XL」・「M-4XL」と幅広いので、自分で簡単にサイズ調整ができます。

さらに、自分だけでなく家族で共用できますよ。

さっと装着でき、コンパクトで持ち運びも便利なので、セカンド抱っこ紐としておすすめです。

コニー フレックスを使用して、私が良かったと思ったポイント、不満に思ったポイントを紹介していきますね!

コニー 抱っこ紐の公式サイト▼

コニー フレックスの基本情報

素材抱っこ紐生地:ポリエステル62%,綿33%,ポリウレタン5%
ウェビング:ナイロン100%
重さ336g(抱っこ紐本体)
お手入れ方法‎洗濯機洗い
コニー 抱っこ紐の公式サイト

コニー フレックスの不満な3点

まずは私が不満に思っている3点を紹介します。

・装着に慣れるまでは難しい
・装着時、肩から上に腕が上がらない
・子が大きくなると体への負担が増加

詳しく解説しますね。

装着に慣れるまでは難しい

装着に少しコツがいるので、慣れるまでは手間取ります。

鏡を見ながらだと、やりやすいです。

足の入れ方が難しかったです...

装着時、肩から上に腕が上がらない

コニー 抱っこ紐の公式サイト

装着時は腕が上げにくくなります。

高いところにあるものを取るなど、肩から上に腕を上げることは、まず難しいです。

二の腕辺りから上を、ギュッっと固定されている感覚です。

スマホや読書、多少の家事は可能です。

子が大きくなると体への負担が増加

当たり前ですが、子が成長するにつれて、重くなります。

「布」なので、肩への負担は大きくなっていくため、長時間の使用は控えたいですね。

コニーフレックスの良かった4点

・コンパクトに持ち運び可能
・丸洗い可能
・少し揺れていると寝てくれる
・サイズ調整が簡単

もう少し詳しく解説しますね。

コンパクトに持ち運び可能

コニー 抱っこ紐の公式サイト

専用のポーチが付いており、クルクルっとコンパクトにまとまるので、持ち運びに便利です。

ベビーカーでお出かけの際など、保険として鞄に忍ばせています。

コンパクトなのでそれほど邪魔になりませんし、いざという時の安心につながります。

丸洗い可能

子は抱っこ紐の布をハムハム食べるので、丸ごと全部洗えるのは嬉しいですね。

上手く広げて干すのが、早く乾くポイントです。

少し揺れていると寝てくれる

1番嬉しかったです。

密着性があるので、子も安心するのか少し揺れていると寝てくれます。

「え、もう寝たの!」ってなります。

また、バックル等がないので、寝ている子を布団におろすのも簡単です。

サイズ調整が簡単

コニー 抱っこ紐の公式サイト

フレックスであれば「XS-XL」・「M-4XL」とサイズを選ぶことができます。

産前産後の体重の変化も気にしなくて大丈夫です。

家族で共用も可能ですよ!

サイズ調整も簡単で、紐を引っ張るだけ。

子を抱っこ紐に入れてから、しっかりとサイズを調整することができるので、子が成長しても密着性は失われませんよ。

コニー フレックスのまとめ

なぜもっと早くに買わなかったのかと後悔したぐらい、おすすめです。

うちの子は、比較的簡単に寝てくれました。

密着しているので安心するのでしょう。

寝なくても、とても大人しく、じっとしていてくれます。

育児の負担を軽減してくれ、自分時間も確保できますよ!

抱っこ紐選びの参考になれば幸いです。

 

自己紹介
ゆん

ブログの始め方、投資、おすすめのベビー用品や本などについて発信中
薄給かつ現在育休中で稼ぎが少なく( ;∀;)
→子供のため、隙間時間に少しでもお金を稼ぎたい!とスタートしました。
一児の母が育児の合間にコツコツ頑張ります!
2ヶ月目に収益4桁達成!

ゆんをフォローする
おすすめのベビー用品
ゆんをフォローする
ゆんblog
タイトルとURLをコピーしました